いとうひろしクリニックBLOG

「いとうひろし内科・糖尿病内科クリニック」院長いとうひろしによるブログサイト

8月30日の体操教室は、しっかりほぐす

9月に入りました。

天候不順の8月でしたが、皆さま体調はいかがでしょうか。

 

8月30日も、元気な皆様に、体操教室に参加して頂き、中央健康づくりセンターから、岸部先生にお越しいただきました。

今回は、夏の疲れをリセットするストレッチを教えて頂きました。

椅子に座っての筋トレと、マットに寝ながらのストレッチ。テニスボールを使って

筋膜リリースというほぐし方を教えて頂きました。

自分で「イタ気持ちいいところを探して~」「体をゆらしながら刺激していきま~す」

と、先生のかけ声に合わせてポーズをとりますが、あちこちで「あ痛たたーー」や、「気持ちいいーー」と、反応は人それぞれでしたが、終わった時には「気持ちいーー」

と、皆さん口々に言って頂きました。

f:id:Dr-itoh-hiroshi:20180903104536j:plain

体が凝っているのは、あまり自覚できない人もいます。

ですが、こんな風にケアして行けば、より運動の効果も上がりますので、皆さまも試してみて下さい。体操教室は、毎月開催しております。

次回は9月27日木曜日、10時から

「筋トレ、筋トレ、筋トレ!」です。

多数の皆様のご参加をお待ちしております。

7月の体操教室は...

暑い日が続いております。

連日テレビでは、熱中症の危険とその対策について、繰り返し情報が出されております。

くれぐれも体調管理には、ご注意ください。

f:id:Dr-itoh-hiroshi:20180802205359j:plain

先日、7月26日はつらつ健康体操教室を行いました。

12名の方にご参加頂きました。

今回は、運動指導士の先生には歩くための筋力トレーニングと、管理栄養士の先生には筋肉をつける効果的な食事についてお話頂きました。

運動は、椅子に座って気軽に出来るものから、マットに寝て行う少しハードは物まで。

先生の楽しい声掛けと、励ましで何とか1時間やりきることが出来ました。

f:id:Dr-itoh-hiroshi:20180802211657j:plain

食事について印象深かったのは、「欠食をしないこと」という点です。

朝やお昼はついつい簡単に済ませてしまいがちですが、栄養は1度に取るのではなく、やはりバランスよく食べていくのが大切なんだと改めて考えました。

次回の体操教室は、リラックスできるストレッチを教えて頂きます。

皆様のご参加お待ちしております。

糖尿病合併症の有無を検査!

糖尿病には網膜症、腎症、神経障害の3つの合併症がある事は、皆さんご存知かと思います。網膜症の有無は眼底カメラで検査をします。腎症の有無は尿検査や採血で調べます。末梢神経障害は、問診や診察によりその有無を確認していましたが、今回末梢神経障害の有無を調べる検査機器を導入しました。

糖尿病性末梢神経障害は、合併症の中でも1番最初に現れる事が多くあります。

神経障害の有るのか無いのかを調べる事で、その他の合併症の有無も推察する事が出来ます。

今までは、大掛かりな器械でしか検査が出来ませんでしたが、器機の改良により、負担が少なく行えるようになりました。

 

f:id:Dr-itoh-hiroshi:20180615225544j:plain

第7回はつらつ健康体操教室を開催しました。

6月に入り、気持ちの良い天候が続いております。

よさこいソーラン祭りに北海道神宮祭と、イベントがあちこちで催され、お出かけされる機会も多い季節ではないでしょうか。

5月31日に、第7回はつらつ健康体操教室を開催し、10名の方にご参加頂きました。

今回は、ストレッチを中心にした体操と、筋力トレーニングを、札幌市中央健康づくりセンター運動指導士の小塚先生にご指導いただきました。

今までは、椅子に座った姿勢での運動や、ボールを取り入れた体操でしたが、今回からマットを導入し、寝ながら出来る運動も教わりました。

f:id:Dr-itoh-hiroshi:20180605230539j:plain

寝ながらリラックス...もあれば、ちょっときつめの筋トレも!!

皆さん笑顔で楽しく1時間の運動をやりきりました (^_^)/

f:id:Dr-itoh-hiroshi:20180605231332j:plain

(写真:ボールを足に挟んでギュッと力を入れ内ももの筋肉を鍛えています)

毎回、皆様それぞれののペースで、楽しく出来る運動をご紹介いたします。

沢山の方のご参加をお待ちしております。

 

第5回はつらつ健康体操教室を開催いたしました。

長かった冬も終わり、本州では桜の便りが連日ニュースになっています。

季節の変わり目、皆様体調はいかがでしょうか。

先日、第5回はつらつ健康体操教室を3月22日に開催致しました。今回は、雪解けと共に外でウォーキングの機会も増えてくるこの時期、「歩く時の良い姿勢」や「水分の取り方」を中央健康づくりセンター運動指導士の大橋先生に教えて頂きました。

f:id:Dr-itoh-hiroshi:20180405210104j:plain

f:id:Dr-itoh-hiroshi:20180405210121j:plain

靴は、足に合ったサイズで足をしっかり固定できるものを選ぶことや、水分はのどが渇いてからではなく、渇く前にコップ1杯程度を飲むように心がける事や、水分はお茶等でなどではなく、水を飲むのが体に吸収しやすい事などもパンフレットを使って説明して頂きました。

f:id:Dr-itoh-hiroshi:20180405210032j:plain

知っているようで、改めて聞くと意識して注意することが出来ますね。

待ちに待った春をむかえました。気軽で手軽な運動として、ウォーキングを取り入れたいですね。

また、4月11日水曜日の健康教室では、「自分に合った運動とは」と題して、院長がお話いたします。どれくらいの運動がいいのか?年齢にあった運動量は?などについて、お話させて頂きます。お気軽にご参加ください。

 

第23回 健康教室を開催しました 🌸

3/14、当院待合室で健康教室を開催しました。

8名の方にご参加頂き、ありがとうございます。

今回は、睡眠についてお話しました。睡眠障害といわれる状態が、糖尿病に与える影響について、様々なデータをご紹介いたしました。良い睡眠をとることは、毎日の生活の中でとても重要な事柄です。お酒や、ストレスなどが睡眠を妨げるのはよく言われる事ですが、病気によっても良い睡眠がとれない状態を招くことがわかってきました。

「最近、すっきり起きられない」「夜中に何度も目が覚める...」

気になることがありましたら、ご相談下さい。