いとうひろしクリニックBLOG

「いとうひろし内科・糖尿病内科クリニック」院長いとうひろしによるブログサイト

第3回 はつらつ健康体操教室

皆様こんにちは。

寒い日が続いておりますが、体調はいかがでしょうか。

テレビのニュースでも、今年はインフルエンザが大流行と出ておりますが、当院にも毎日のように体調を崩された患者様が診察にいらしています。

寒い冬はもう少し続きますので、どうかお体御自愛下さい。

f:id:Dr-itoh-hiroshi:20180129114304j:plain

さて、1月25日木曜日、第3回の体操教室を開催しました。

今回は、トイレにまつわる体操と、トイレが心配になった時にどう対処したらよいかについて、2部構成で行いました。

前半は、いつもの様に中央健康づくりセンターの運動指導士 糠谷先生に排泄に関わる筋肉の鍛え方を教えて頂きました。今回からボールも取り入れて行い、用具がある事によって、力の入れどころが分かりやすくなったのではないかと思います。

f:id:Dr-itoh-hiroshi:20180129114326j:plain

後半は、㈱マルベリー様より、古川先生にお越しいただき、排泄についてのお話をして頂きました。排泄の不安は、体に様々な影響を与える事がわかりました。健康で自立した生活を続けたいと誰しも思っていますが、それは食事や運動などに気をつける事と同じく安心できる排泄ケアも重要であると改めて学びました。

トイレの不安は、普段は気軽にお話しできる内容ではないですが、会の終了後に先生と直接お話されている方々も居られました。

また、機会をみて「いつまでもトイレ快適!」のテーマは取り上げていきたいと思っております。

次回は、2月22日木曜日10時からの開催を予定しております。

テーマは、「お休みまえのストレッチ」です。体をリラックスさせ、より深い眠りが得られるようなストレッチを教えて頂きます。

沢山の皆様のご参加をお待ちしております。

第21回 健康教室を開催しました

皆様、明けましておめでとうございます。

本年も、当院健康教室をどうぞよろしくお願い致します。

お正月気分も抜けきらない、1月10日に第21回健康教室を開催いたしました。

今回は、「野菜ファーストではなく、糖質ラスト!」と題して食事療法の新しい見解についてお話いたしました。食後に上昇する血糖値を、食べ方を工夫するだけで、どれだけ抑えられるのか。栄養バランスだけでなく、食べ方の工夫も合わせて大切であることについてお話をしました。

次回は2/14(水)13時から、「糖毒性」ってごぞんじですか?

について、お話します。お気軽に、ご参加ください。

第2回はつらつ健康体操教室を開催しました。

本日、第2回はつらつ健康体操教室に、14名の方々にご参加頂きました。

今回も、札幌市健康づくりセンターから運動指導員の先生をお招きし、

「冬道も元気に歩ける体づくり」をテーマにいろいろな運動を教えて頂きました。

先生の楽しい声かけに、終始なごやかな雰囲気で楽しく汗をかくことが出来ました。

次回は新年1月末を予定しておりますので、ご参加をお待ちしております。

f:id:Dr-itoh-hiroshi:20171130170602j:plain

 

 

昨日は、世界糖尿病デーでした。

11月14日は、世界糖尿病デーでした。

インスリン発見者の誕生日にちなみ、WHOで2006年に制定されました。

どこまでも続く青い空をイメージし、青い丸、ブルーサークルがシンボルマークになりました。

増え続ける糖尿病を何とか食いとめるために、世界中の団結を呼びかける啓発運動で、毎年世界各地でこの日にブルーライトアップが行われています。

札幌は、テレビ塔と時計台がきれいにてらされていました。

11月19日までが糖尿病週間となっております。

テレビや新聞記事などで、糖尿病についての話題が多く取り上げられておりますので、少しだけ耳を傾けて頂けたら...と思っております。

f:id:Dr-itoh-hiroshi:20171115093446j:plain

<昨夜のテレビ塔>

市民公開シンポジウムin札幌 「あなたの腎臓を守るため」

f:id:Dr-itoh-hiroshi:20171110103350j:plain

11月5日(日)に、白石区民ホールで行われたシンポジウムに参加してきました。

「早期発見・早期治療で透析導入をストップ!」をテーマに、糖尿病との関連や、どうしたら良いかについて、糖尿病分野での最新の話題や、日々の診療の中での経験などを交え、お話しいたしました。新しくなった白石区民ホールの会場には、50名ほどの方にお越しいただき、病気や健康に関する市民の皆様の、関心の高さがうかがえました。

FreeStyleリブレ®をつけるタイミング

朝晩はすっかり涼しくなり、秋の訪れを感じますが、皆さま体調はいかがでしょうか。

 

さて、今回は当院で1月より導入しましたFreeStyleリブレ®についてご紹介いたします。

糖尿病にとって、血糖値は検査の基本です。糖尿病と診断されている方、予備群の方も、「食べ過ぎ、飲みすぎかな?」「運動して、少し低血糖気味かな?」など、血糖値は気になる事と思います。しかしご自宅で血糖を測るには、そのたびに指に針を刺し、採血をし、血糖を測定するという方法がとられていました。これは、多くの方々が日頃から行っている方法です。

 

1月から導入しましたFreeStyleリブレ®は、1度シール式の血糖測定器を装着すると、2週間連続していつでも血糖をはかることが出来、付属の器械をそのシールにかざすと、直ちに血糖を確認する事が出来ます。では、どのような場合にこの器械を勧めているかというと、最近コントロールが悪くなってきた方、初めて糖尿病と診断された方にご自分の血糖を連続して観察して頂き、意識付けをして頂く。また、治療内容を変更する際、前半の1週間は血糖値を検査し、後半は治療の変更後の効果を確認するといった使い方です。 当院でもすでに20名以上の方にお使い頂いておりますが、中には定期的に装着する事をご希望される方もおられます。

 私が、この新しい器械の1番良い点だと思うところは、治療を受けておられるご本人が、常に自分の生活と血糖値を連動して観察できる事だと思っております。もちろん、そこに出てくる血糖値は良いことも悪いこともあるかと思います。しかし、リブレを装着している2週間、ご自分の食事や行動により、血糖がどう変化するかをじっくりと観察して頂きたいと思っております。ご興味をお持ちの方は当院へご相談ください。

f:id:Dr-itoh-hiroshi:20170823202351j:plain

 

 

糖尿病情報サイトのご紹介

7月に入り、夏らしい暑さが続いておりますが、皆さま体調はいかがでしょうか。

 

近ごろは、テレビや雑誌、インターネットなど、様々な所から、健康や医療についての情報が発信されています。 ですが、その情報は様々な人が発信しておりますので、自分に合った情報か、必要な情報なのかはそれぞれが見極める必要があります。

医療に関わる私たちも、日ごろから色々な情報をインターネットから得て、役立てています。

 

ご参考までに、糖尿病に関わるサイトを一部ご紹介します。

一般社団法人 日本糖尿病学会ホームページ(糖尿病についての学術研究活動の団体)

http://www.jds.or.jp/

公益社団法人 日本糖尿病協会(糖尿病の予防、治療について情報発信の団体)

https://www.nittokyo.or.jp/

糖尿病ネットワーク

http://www.dm-net.co.jp/